プロジェクトアセットニュース

2020年度に実施された「東近江市版SIB」2プロジェクトの成果報告です。
2プロジェクトは、皆さまからの出資を受けて実施し、成果を達成しています。

 

【2020年度 東近江市版SIB】
コミュニティビジネススタートアップ事業 成果報告


▶目次

①地域に根ざした外国人学校の仕組みづくりプロジェクト(0:06) 
②Happy Food Networkプロジェクト(2:02

▶注目ポイント★
【地域に根ざした外国人学校の仕組みづくりプロジェクト】

・5名の方が日本語授業のボランティアをしてくださっています!

・団体にご支援・ご協力いただいている方を見える化できたらと考えています!
 

【Happy Food Networkプロジェクト】

・付加価値をつけて商品をお届けする取り組みを目指しています!

・フードロス対策に関する活動に対してご支援・ご相談できるような活動にしていきたいです!

・支援される側も支援する側に回っていただくようなフードバンク活動を目指しています!

▶︎プロジェクトの詳細はこちら

東近江市版SIB 地域に根ざした外国人学校の仕組みづくりプロジェクト
東近江市版SIB Happy Food Networkプロジェクト


▶︎en.try

【東近江市版SIB特集ページ


▶︎事業お問い合わせ

公益財団法人東近江三方よし基金


▶︎制作

認定特定非営利活動法人まちづくりネット東近江


=========================================================
◆東近江市版SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)とは?

本事業は、公益財団法人東近江三方よし基金、湖東信用金庫及びプラスソーシャルインベストメント株式会社の協定のもと、地域課題の解決にむけて、社会的投資と行政補助金改革を組合せた事業を実施するものです。
事業者の計画に成果目標を設定し、その成果の評価については、専門家と行政、そして三方よし基金が連携して行っていきます。
この社会的投資は、従来の行政からの補助金システムではなく、事業を応援してくださる出資者から、資金提供をいただき、事業期間終了時に成果があれば、行政がその元本を出資者に償還しようとするものです。

ページ先頭へ戻る

読み込み中です