プロジェクトアセットニュース
プラスソーシャルインベストメント株式会社(代表取締役社長 野池雅人、京都市上京区)は、PS瀬戸内株式会社(代表取締役:石原達也、岡山県岡山市 )を営業者とするプロジェクトアセット(社会的投資ファンド)「岡山市SIB おかやまケンコー大作戦プロジェクト」を組成し、2月15日に取扱者として総額3,000万円の募集を開始しました。
そのうち300万円を個人向け(A号匿名組合)に募集しています。
本プロジェクトアセットの資金は、岡山市内で取り組まれる健康に関するサービス提供事業者への事業費、また本事業実施にかかる広報宣伝費の一部に使用します。

【岡山市SIB おかやまケンコー大作戦プロジェクトの概要】
岡山市が導入するSIBを活用した健康ポイント事業(おかやまケンコー大作戦)は、35歳以上の岡山市民及び岡山市内在勤者を対象に、地元企業が一体となって様々な商品・サービスを提供して、市民の健康寿命の延伸と企業の健康経営促進を目指します。さらに、本事業は成果連動型民間委託として実施することにより、成果を可視化しその結果に応じて委託料を支払うことで、民間の創意工夫を促すとともに、公的資金の適正化が期待できます。


岡山市の市民は平均寿命が全国平均に比べて高い一方で、健康寿命は全国平均に比べて低い状態にあります。また、生活習慣病に関わる医療費は全国平均と比べて高い状況にあります。健康に関する課題を解消するためには、健康改善機会をこれまで以上に増やす必要がありました。
「おかやまケンコー大作戦」における充実した健康改善プログラムによって、岡山市内における健康に関する課題の深刻化を防ぎ、社会保障関係費用の増大による市民の負担軽減につなげていきます。


詳しい募集内容はこちらのページとなります。
ぜひご覧ください。
https://www.en-try.jp/funds/63
参考ファイル
ページ先頭へ戻る

読み込み中です