プロジェクトアセットニュース
今年度の西条市版SIBでは、地域内外の皆さまからのご出資・ご協力のもと、≪株式会社一柳、睦TSUMI≫の二社が、地域の社会的課題の解決、ひいてはSDGsの実現につながるプロジェクトに取り組んでいます。

→各プロジェクトの内容はこちら

11月26日、各プロジェクトの進捗状況についての中間報告会を開催しました。
事業者の皆さんから、地域の方々のご協力を得ながら各プロジェクトを着実に進めていること、活動内容や未来像などをご報告いただきました。



参加者の方からは、「成果目標の一つ(人材の採用)の状況は?」、「現在の活動における課題は?」、「アフターコロナに向けた活動計画は?」など、さまざまなご質問をいただきました。
特に、事業者が考える「活動における課題」については、以下のような意見が出ました。

 

株式会社一柳(老舗こんにゃく店一柳のベトナム文化交流プロジェクト)



新店舗を西条に作る大きな目的は、人と人のつながりや異文化交流の拠点をつくることです。
商品販売に留まるだけでなく、店内で人が集まるスペースを意識し、建築中です。
課題は、認知度を上げることです。
もっと工夫して、認知度を高めていきたいと考えています。
店長はベトナムのホンさんで、新しい感性で色々と計画をされています。
多様な考え方をもっと広めていきたいと考えています。


 

睦TSUMI(睦TSUMIの西条まつり伝統工芸継承プロジェクト)



今回このプロジェクトを通じて、主にネットでイベント参加者やボランティアを募りました。
色々な人と出会うことが出来ましたが、もっと事業を地域に浸透させていくためにも、協力者を増やしていくことが課題にあります。
アフターコロナに向け、外部からこの地域に人を呼び込むコンテンツ開発にも取り組んでいきたいと考えています。
特に旅行会社やマーケティングが出来る方など、お互いが出来ることを活かして自分が持っていない部分を補いあえるような存在を求めています。

今後も引き続き、成果の創出に向けプロジェクトを進めてまいります!


▼当日の報告資料はこちら
・西条市版SIBつながり広がるチャレンジ応援事業 概要説明(西条市)
・西条市版SIB 中間報告会資料(株式会社一柳)
・西条市版SIB 中間報告会資料(睦TSUMI)
ページ先頭へ戻る

読み込み中です